美白 メカニズム

美白になるメカニズム

美白という言葉を当たり前に使っていますが
どういうことなんでしょうか?

 

そもそも美白とは何なのか?
どのようなメカニズムでなるのかを調べてみました。

 

 

■美白とは白くなることではない!

 

美白と効くと白くて美しい肌を思い浮かべます。
けれども実際は、人はそれぞれに生れ持った肌の色というものがあって、それ以上に白くなることはできないですよね。

 

美白とは日に焼けて黒くなった素肌を元の状態に近くするとか、黒くなることを意味しています。
自分自身の本来持っている肌の色以上に、白くなることはできないんですよね。

 

それならどのようなメカニズムを美白というのでしょうか?

 

美白化粧品とかでできるのは、皮膚に紫外線が入り込むと有害な物質ができてしまうので、それを防ぐために皮膚は黒い組織を作って皮膚の奥まで紫外線が入らないように妨害します。

 

この生理的な現象はメラニン組織が黒くなる現象で、紫外線によって肌がやけどの状態にならないように、有害物質が入らないように守ってくれているんです。

 

守ってくれるのはありがたいのですが、見た目が黒くなったり、そばかすみたいになったりと汚く見えてしまうのは女性として嫌なんです。
美白とは、一度できてしまったメラニン組織を皮膚のターンオーバーを繰り返すことによって無くしたり薄くすることを美白と言います。

 

肌についたメラニン組織は、新しい皮膚が出来る時に表面近くまで押しやられて色素ごと古い皮膚がなくなることもあります。
自分自身の素肌のターンオーバーなので、本来の地肌の色よりも白くなるということはあまりありません。

 

テレビのCMを見ると、誰でも真っ白になれるような映像を流していますが……漂白剤でも入っていないかぎり真っ白になることはまずないです。

 

 

■美白の限界

 

美白美容液や、化粧品を使ったとしても肌の黒くなってしまった部分を取り除けないこともあります。
何年も前に付いたシミや、日焼けの痕は色素沈着してしまいレーザーなどを使わないと元通りに戻らないこともよくあります。
美白の化粧品などを使って肌の新陳代謝を活発にして美白をする方法もありますが、この方法は限界があります。
黒くなってすぐなら、ほぼ簡単にもとに戻ることもできます。

 

けれども何年もたってしまうと、肌の奥で色素が沈着してしまい保湿化粧品や、プラセンタではどうにもならないこともあります。
美白化粧品などで薄くなるけど、完全に消えないこともよくあるので完ぺきな美白を求めるならクリニックでの治療を受けるのもいいでしょう。

 

クリニックではレーザーを使ったり、光の反射でシミを無くしたり、パックをしたりと最新の機械刺激を与えたりして美白を助けてくれます。
もちろん高額になるので、プランをよく考えてお金と相談しながら通わないといけないです。
エステやクリニックは高いので、とりあえず美白化粧品などを試してみてダメな場合に最終的な手段として選択するといいと思います。

関連ページ

美白にいい栄養はなにがある?
美白には化粧品の他に食事による栄養も必要です。どんな栄養を取るのが美白にいいのでしょうか?
美白に良いお茶は緑茶?ウーロン茶?
お茶を飲むのも美白に良いと言いますが色々と種類がありますね。どんなお茶を飲むのが美白に良いのでしょうか?
美白するならクレンジングにも気を使いましょう
美白するならクレンジングも疎かにしてはいけません。美白のためにはどのようなクレンジングをすればいいのかご紹介します。
美白するためには生活習慣にも気を付けよう
美白をするなら普段の生活も気にしましょう。生活のリズムが乱れていると美白から遠ざかるので要注意です。
美白にプラセンタを摂るのがいいのはなぜ?
美白に良い成分としてプラセンタは有名ですね。プラセンタを摂ることで美白にどうアプローチするのでしょうか?
美白とリフトアップが合わせて出来るお勧め化粧品はこれ!
美白だけでなくリフトアップも合わせて出来ちゃう化粧品があります。美白とリフトアップを両方したい方にはこの化粧品がお勧めです。
美白にタバコが悪いのはなんで?
美白にはタバコは厳禁!健康上タバコにはいいことはありませんが美白にもいいことはないんです!
冬に行いたい美白方法
夏に限らず冬にも美白したい方は多いですね。冬にするべき美白方法についてご紹介します。