美白 タバコ

タバコはどうして美白に悪いのか?

タバコは、悪いイメージだらけの嗜好品ですよね。

 

世界的にも良くないと言われているのですが……
タバコの何が美白に良くないのか?
続けることによってどんな影響があるのかを調べました。

 

 

■タバコは百害あって一利なし?

 

タバコは百害あって一利なしとバッサリ言われます。
私も吸わない人ですが……家族に吸う人が二人いるので我慢している感じですね。
さてさて、なんでタバコが美白に良くないのでしょうか?

 

一番の理由は、有害物質が200以上も含まれる毒の塊なので悪い物質を体の中に入れるから良くないというのがあります。
まあ、海外のタバコのパッケージはグロテスクなタバコで汚れた肺とかの写真が使われているのですけど、健康的にも良くないです。

 

美白で一番の理由は、タバコは喫煙するとその瞬間体の末端まで血液がいかなくなるんです。
早い話しが、血行が悪くなるので血の巡りが一気に悪くなり冷えや、むくみの原因になってしまうんですね。

 

美白は、肌の新陳代謝がリズムよく行われないと美しい状態をキープできないので、肌のリズムをガクッと崩してしまうタバコは、美白に良くないんです。

 

もう一つ大きな原因がありまして、タバコを吸うとビタミンCが持って行かれてしまうんですよ。
ああ、ビタミンは美しく健康な素肌を作るのに絶対必要なのに、タバコを吸うたびに体内のビタミンCが劇的に少なくなるから困ります。

 

美しい素肌はビタミンがないと作れないので、タバコを吸う人はビタミン剤とかで補給しないと全く足りないです。
タバコって、良いところがほとんどないんですよね。

 

精神は安定させてくれるかもしれませんが、それに伴う健康被害と美容の被害はものすごく大きいので、できるのであれば辞めるのがいいです。

 

 

■美容以外にもタバコは良くない

 

タバコは、肺がんの原因とも言われていますよね。
実際に喫煙している本人よりも、周りの人の方が被害が大きいと言われているので出来るなら辞めてもらいたいです。

 

老化を促進させるとも言われていて、タバコを吸っている方は同じ年代の人よりもシワが出来やすく、皮膚のハリもなくなり安いので老けてみえます。

 

同じような食生活を送っていたとしても、タバコが入ると老け顔に見えますからデメリットだらけですね。
口の中もヤニで黄色くなり、歯が茶色くなりやすいので汚く見えて人からの第一印象も悪くなって損をしてしまいますよ。
そうは言っても世の中喫煙者でもキレイな人はゴロゴロいます。

 

この人たちは、喫煙しながらエステとか高級な化粧品を使ってタバコでマイナスになった被害を回復させているんですね。
もしタバコを辞められたら、かなりお金が浮くことでしょう。
お金を払って毒を吸って、吸って美白に良くないので……更にお金をかけて美しさを持続するなんて無駄使いですよね?

 

最初からタバコを吸わないとかなりの節約になります。
最近は毒がほとんど無害になる電子タバコが流行っているので、喫煙者でもリスクが以前より少なくなるかもしれませんね。
電子タバコなら、周りの人にも無害なので安心です。

関連ページ

美白にいい栄養はなにがある?
美白には化粧品の他に食事による栄養も必要です。どんな栄養を取るのが美白にいいのでしょうか?
美白に良いお茶は緑茶?ウーロン茶?
お茶を飲むのも美白に良いと言いますが色々と種類がありますね。どんなお茶を飲むのが美白に良いのでしょうか?
美白するならクレンジングにも気を使いましょう
美白するならクレンジングも疎かにしてはいけません。美白のためにはどのようなクレンジングをすればいいのかご紹介します。
美白するためには生活習慣にも気を付けよう
美白をするなら普段の生活も気にしましょう。生活のリズムが乱れていると美白から遠ざかるので要注意です。
美白にプラセンタを摂るのがいいのはなぜ?
美白に良い成分としてプラセンタは有名ですね。プラセンタを摂ることで美白にどうアプローチするのでしょうか?
美白とリフトアップが合わせて出来るお勧め化粧品はこれ!
美白だけでなくリフトアップも合わせて出来ちゃう化粧品があります。美白とリフトアップを両方したい方にはこの化粧品がお勧めです。
美白のメカニズムについて
美白になるまでのメカニズムはどうなっているのでしょうか?美白のメカニズムについて調べてみました。
冬に行いたい美白方法
夏に限らず冬にも美白したい方は多いですね。冬にするべき美白方法についてご紹介します。